エフツーロゴ下層背景

エフツー社長ブログ

ありえない患者

2015/08/26

昨日ご紹介した「健康カプセル!ゲンキの時間」という番組で良い医者の見分け方が紹介されていましたが、併せて「ありえない患者」の紹介もありました。

最初に紹介されたのが、嘘をつく患者です。

えー、そんな人っているの?と思いましたが、話しを聞くと、これって自分のことかも?と思いました。

たとえば、医者から処方されている薬を飲んでいないのに、飲んだと答える人。

私も以前、定期的に通院していた時には、薬を飲んでいないのに、飲んだと答えていたのを思い出しました。

正しく診療をしていくには、正しい情報が医師も必要なのですが、それを患者側が提供しない。これがありえない患者です。

嘘をつくとは違いますが、自分の症状をしっかりと伝えられないのも実は同じです。たとえば、頭痛がするから、という理由で病院に行っても、頭痛がいつからするかを正しく伝えられないケースがありませんか?

そこで、番組では病院に行く前に症状を箇条書きにして行くことを薦めていました。

この番組を見た後、私も病院に行く機会があったので、症状を紙に書いて受付時に渡してみました。すると、医師が私のメモを見ながら、しっかりと診察をしてくれます。これまでだと、ただの風邪で終わりそうな内容がいくつかの可能性を示唆してくれました。

やはり正しく伝える準備というのは大切ですね。


エフツー社長ブログ一覧へ戻る

| エフツーとは | サービスメニュー | よくある質問 | 資料請求・お問い合わせ | 
| リフォーム情報誌 広島REFORM | 広島REFORM WEB | 広島REFORM TV | 広告ツール制作 |
| 広告メディア手配 | WEBサイト設計・デザイン | 広島リフォーム経営研究会 | リフォーム事例のカメラマン手配 |