エフツーロゴ下層背景

エフツー社長ブログ

写真撮影だけの仕事も行っています!

2015/08/20

昨日はある不動産会社様からご依頼を頂き、建売住宅の写真撮影を行いました。この仕事、お盆前に撮影を行う予定でしたが、度重なる雨で3度目の正直ということで、ようやく撮影ができました。

私はこれまで自社で発行する情報誌の撮影を、以前勤めていた会社の分も含め、200件以上行っていますが、雨になることはほとんどありません。かなりの晴れ男です。なので、今回の仕事は担当者が極度の雨男だったのでしょう(笑)。

さて、住宅の写真撮影を行っていて、お客様によく言われることがあります。「さすが、プロが撮ると違うねぇ」というお言葉です。

非常に嬉しいお言葉です。確かにプロが使うレンズは一般の方が使うよりも良いレンズを使っています。しかし、撮影する位置・角度や光の使い方でも印象は変わります。

私はカメラマンと一緒についてディレクションの仕事をしています。「この位置から、こういうイメージで撮影をしたい」とカメラマンに伝える仕事です。

たとえば、リビングを撮影する場合にしても、全体の広がりを見せたい場合と雰囲気の良さを伝える場合では、撮影の仕方が変わってきます。

先日撮影した物件では、リビングにペットの大きなゲージがありました。空間の広がりを伝えようとすると、ゲージが入るのですが、そこだけ違和感が出てしまいます。そこで、カメラの位置を少し変え、空間の広がりと雰囲気の良さを伝える撮り方をしました。

ちょっとしたことですが、色々と配慮をしながら撮影を行っております。当社では雑誌用の撮影しかやらないと思われている方もいらっしゃいますが、写真撮影のみのお仕事も行っておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

 


エフツー社長ブログ一覧へ戻る

| エフツーとは | サービスメニュー | よくある質問 | 資料請求・お問い合わせ | 
| リフォーム情報誌 広島REFORM | 広島REFORM WEB | 広島REFORM TV | 広告ツール制作 |
| 広告メディア手配 | WEBサイト設計・デザイン | 広島リフォーム経営研究会 | リフォーム事例のカメラマン手配 |