エフツーロゴ下層背景

エフツー社長ブログ

広島中央警察署管内の交通事故

2016/04/11

先日、自宅に広島中央交通安全協会より、交通事統計のファイルが届きました。

FullSizeRender (3)

交通事故の統計や道路交通法の改正に関する資料が入っていました。広島市中心部で事故がよく起きる地点に関しても掲載されていましたので、少しご紹介しておきます。

最も交通事故が起きている地点は、舟入本町交差点。2号線と江波線が交差する地点です。ここで年間13件。次が広島市役所前交差点で12件。白島交差点(広電白島駅)も12件。

続いて、小網町交差点(平和大通りと江波線が交差する箇所)で10件。白神社前交差点(平和大通りと宇品線が交差する箇所)が9件。

多くが広島電鉄と大きな道路が交差する箇所です。以前テレビで事故の起きる理由が紹介されていましたが、右折をする際に対向車線にバスが停車している時は、特に危険性が高いようです。

バスの影に隠れて、走っている車が見えないケースです。私もついつい右折をしたくなる時がありますが、極力我慢するようにしています。

以前、私の目の前を走っている車が事故をしたことがいまだに目に焼き付いています。交通事故は本当に起こしたくないですね。


エフツー社長ブログ一覧へ戻る

| エフツーとは | サービスメニュー | よくある質問 | 資料請求・お問い合わせ | 
| リフォーム情報誌 広島REFORM | 広島REFORM WEB | 広島REFORM TV | 広告ツール制作 |
| 広告メディア手配 | WEBサイト設計・デザイン | 広島リフォーム経営研究会 | リフォーム事例のカメラマン手配 |