エフツーロゴ下層背景

エフツー社長ブログ

昼食うつ病

2016/03/10

当社主催の広島リフォーム人財育成塾で講師をしてもらっている坂戸氏より、「昼食うつ病」という言葉があると聞きました。

ご主人が定年退職をすると、1日中家で過ごす時間が増えます。これまでは、昼食は朝の残り物を食べていた奥様は、毎日夫の昼食のことを考えることが苦痛に感じるようで、うつ病になるケースがあるとのことです。

ご主人が嫌というのではなく、毎日昼食を準備しなければならないという環境が、ストレスを生むとのことです。

リフォームでは定年退職を迎える世代がお客様となるので、こういった「昼食うつ病」予備軍と商談をしているのかも知れません。

リフォームは快適な暮らしを実現するものだと思いますので、単に設備機器の機能面の改善だけでなく、暮らし方を考慮した提案ができることも必要だと思います。

ご主人が昼食作りをしたくなるキッチンなども、リフォームの提案に加われば面白いですね。


エフツー社長ブログ一覧へ戻る

| エフツーとは | サービスメニュー | よくある質問 | 資料請求・お問い合わせ | 
| リフォーム情報誌 広島REFORM | 広島REFORM WEB | 広島REFORM TV | 広告ツール制作 |
| 広告メディア手配 | WEBサイト設計・デザイン | 広島リフォーム経営研究会 | リフォーム事例のカメラマン手配 |