エフツーロゴ下層背景

エフツー社長ブログ

武田勝頼

2016/01/12

NHK大河ドラマ「真田丸」がいよいよ始まりました。私、真田の大ファンでとても期待しております。

1985年にNHKの新大型時代劇で放送された「真田太平記」の全放送を収録したDVDも持っていますし、同名の池波正太郎の小説も何度も読み込んでおります。

今回の「真田丸」の公式ガイドブックも購入致しました。赤がきれいな表紙でとてもいいですね。

今回のドラマは、戦国時代が好きな人にはたまらないかもしれません。「信長の野望」を開発したシブサワコウによるゲーム風の3Dが随所に出てくるとのこと。楽しみですね。

色々と言いたいことがたくさんありますが、今回の「真田丸」のタイトル文字について。あれは筆ではなく、左官で書かれているそうです。

挾土秀平(はさどしゅうへい)という方の作品です。飛騨高山に拠点を置く左官職人で、洞爺湖サミット会場のオブジェなども担当しているそうです。

さて、第1回目の放送は武田家滅亡寸前の様子でした。平幹二朗の息子の、平岳大が武田勝頼役を非常に魅力的な演技をしていました。これは第2回目以降も期待できると思いますね。

今後もちょくちょく、メルマガで真田丸について紹介していくと思いますが、どうぞよろしくお願いします。


エフツー社長ブログ一覧へ戻る

| エフツーとは | サービスメニュー | よくある質問 | 資料請求・お問い合わせ | 
| リフォーム情報誌 広島REFORM | 広島REFORM WEB | 広島REFORM TV | 広告ツール制作 |
| 広告メディア手配 | WEBサイト設計・デザイン | 広島リフォーム経営研究会 | リフォーム事例のカメラマン手配 |