エフツーロゴ下層背景

エフツー社長ブログ

良い医者の見分け方

2015/08/25

日曜日の朝7時よりRCCで「健康カプセル!ゲンキの時間」という番組が放送されています。先週の放送を見ていると、テーマが良い医者の見分け方でした。

医療ジャーナリストがこれまの取材をもとに紹介しており、なるほどと思う内容が多かったです。いくつかポイントを紹介してみます。

医者が一人なのに、診療科目が多い箇所は注意が必要。

→一人の医者が専門に対応できるのはせいぜい一つか二つ。

診察時に、入ってきた患者をしっかり診ていない医師も注意。

→前の患者のカルテを書いている場合があり、患者が座ってから患者を見る医師がいる。しかし、患者が部屋に入ってから座るまでの様子で異常を感じるケースがあるのに、その兆候をこういった医師は見逃す可能性がある。

外科医は年間の手術件数が100件以上しているかが判断基準。→件数が少ないと、手術をした後に時間が空いてしまい、手術のやり方を忘れてしまうことにもなる。

これ以外にもたくさん紹介されていましたが、とても参考になりました。と同時に、この考え方は「リフォーム会社の選び方」といった視点でもできると思いました。

さて、どういう視点でリフォーム会社を選ぶべきでしょうか?

年間の工事件数が多い。様々な現場を経験している。営業マンの説明が分かりやすい。職人のマナーが良い。住宅設備機器の商品知識が豊富。デザイン力が高い。現場監督がしっかりしている。工事のスケジュールを明確に説明してくれる。今の暮らしぶりをしっかりと聞き取る・理解できる。

ざっくりと上げてみましたが、「説明が分かりやすい」ことが重要ではないかと思っています。

この点はまた改めて考えていきたいと思います。


エフツー社長ブログ一覧へ戻る

| エフツーとは | サービスメニュー | よくある質問 | 資料請求・お問い合わせ | 
| リフォーム情報誌 広島REFORM | 広島REFORM WEB | 広島REFORM TV | 広告ツール制作 |
| 広告メディア手配 | WEBサイト設計・デザイン | 広島リフォーム経営研究会 | リフォーム事例のカメラマン手配 |