エフツーロゴ下層背景

エフツー社長ブログ

謹賀新年

2017/01/05

明けましておめでとうございます。当社は本日よりスタートです。

正月は実家の関西に帰省しておりました。色んな場所に多くの人がいて、初詣も一苦労でした。宝塚の中山寺に参りましたが、本殿に行くまでにも大行列。ついつい諦めたくなりますが、何とか頑張って並んで、お参りをし、家内安全を祈ってきました。

また、グランフロント大阪にも行ってきました。ここの2階にはパナソニックのショールーム「パナソニックセンター大阪」があります。ここは普通のショールームとは異なり、コーポレートショールームということで、パナソニックの総合受発信拠点という位置づけにあるようです。何というか、お客さんとのコミュニケーションを大切にしているということで、自社商品の売り込みというより、お客さんがどんなことを考えているかを知ろうとしている印象を受けました。

展示ブースでは、Re-life storyとして、13のリフォームシーンをブースとして紹介しています。例えば、猫カフェとして人と猫が心地よく暮らす同居空間、あるいは減築リフォームで叶えた空間としてサンルームのある家など、13ものリフォームシーンが体感できます。

興味深いのはどのブースもパナソニックの商品が前面に出ていない点です。「お客さんはこんなリフォームをしたいんじゃないでしょうか?」といった提案が前面に出ていて、パナソニックの商品はよく見ればキッチンや床材が使われているという内容になっています。

猫カフェではキャットウォークがありましたが、センスの良いキャットウォークで、これは猫好きな方は採用したいんじゃないかなあと思いました。サンルームなんかも、アイデアは斬新なのでとても参考になりました。

是非、ショールームに行ってみて体感して下さい。

パナソニックセンター大阪

img_1063

 

ちなみに各ブースにはそれぞれのコンセプトシートもあるので、これも参考になります。

img_1064

 

 

 

 


エフツー社長ブログ一覧へ戻る

| エフツーとは | サービスメニュー | よくある質問 | 資料請求・お問い合わせ | 
| リフォーム情報誌 広島REFORM | 広島REFORM WEB | 広島REFORM TV | 広告ツール制作 |
| 広告メディア手配 | WEBサイト設計・デザイン | 広島リフォーム経営研究会 | リフォーム事例のカメラマン手配 |