エフツーロゴ下層背景

エフツー社長ブログ

本日よりエフツーは10年目が始まります。

2019/10/01

6帖一間のSOHOオフィスで起業して、早いもので10年目です。住宅リフォーム業界・広告業界ともに変化が激しい時代ですが、変化にも柔軟に対応し、工務店・リフォーム会社様のお役に立てるように頑張っていきたいと思います。

これまでリフォームの取材を300件以上させて頂き、「リフォームはとても楽しいもの」と私自身は感じています。一人でも多くの方に、その楽しさを届けたいと思っています。

一方、リフォームはとても難しい仕事とも思っています。古い建物を的確に診断し、お客様の要望を踏まえながら、最適なリフォーム計画を提案し、工事を遂行していくことがリフォームには求められます。

解体をしてみないと分からないことが多いリフォームの現場。建築知識はもちろん、経験と技術が必要です。しかし、リフォームは異業種からの参入が多く、新築よりも簡単な仕事とエンドユーザーに思われているように感じます。

でも事実は、リフォームは難しく、技術と経験が必要です。

私はリフォームという仕事の価値を高め、エンドユーザーとリフォーム会社をつなげたいと思っています。当社が発行するリフォーム雑誌「HIROSHIMA REFORM」と「イエスタ」は、その思いを形にしたものです。

12月に発行する「HIROSHIMA REFORM」では、「リフォームは間取りで決まる!」というテーマで現在誌面を作っています。写真のイメージだけではなく、各社が工夫をしてリフォームのプランニングをしている点を伝えます。

このほか、広島でオーダーキッチンを手掛ける会社特集や、中古リフォームで後悔しやすいポイント、耐震リフォームの基礎、リフォーム費用を抑える方法、リフォーム成功の流れといった誌面を企画しております。読んで面白く、ためになる誌面を目指しております。

また、当社では雑誌に限らず、WEBサイトの運営、セミナーのほか、リフォームのミカタという媒体などを通じた活動も行っております。リフォームのミカタについては、下記を参照下さい。

工務店・リフォーム会社の皆様のお役に立つことを第一に、今後も頑張っていきたいと思います。引き続き、どうぞよろしくお願いします。

 


エフツー社長ブログ一覧へ戻る

| エフツーとは | サービスメニュー | よくある質問 | 資料請求・お問い合わせ | 
| リフォーム情報誌 広島REFORM | 広島REFORM WEB | 広島REFORM TV | 広告ツール制作 |
| 広告メディア手配 | WEBサイト設計・デザイン | 広島リフォーム経営研究会 | リフォーム事例のカメラマン手配 |