エフツーロゴ下層背景

エフツー社長ブログ

2023年誕生「ライフスタイルコーディネート市場」

2019/11/11

WEB・SNSが発達しすぎたことで情報過多になっている現代社会。そのため、若者を中心に情報を探さない(検索をしない)人が増えているそうです。

ではこういった人はどのように情報を収集しているかというと、SNSや動画で活躍するインフルエンサーからの情報を信頼して、購買活動を行っています。

インフルエンサーとは、世間に大きな影響力を与える行動を行う人のことを指し、ユーチューバ―やインスタグラマーなどと呼ばれています。

私の子どももテレビではなく、Youtubeばかり見ていて、ヒカキンが一番好きと言っています。たまにテレビを見ていると思ったら、「ヒカキンが出ているから」と言われた時にはビックリしました。

話はそれましたが、インフルエンサーがおススメするのは信頼ができるので、その商品を購買するという流れが生まれています。

インフルエンサーとは、言い換えれば専門家と捉えることができます。

そのため、専門家に提案をしてもらうのが効率的で納得の買い物ができると思う消費者が増えており、インテリアコーディネーターやスタイリストといった専門家が、顧客の趣味嗜好に合わせて最適な商品を提案するサービスが増えているそうです。

順調に行くと3年後には利用者が専門家の提案に対して手数料を支払う「ライフスタイルコーディネート市場」が生まれるというのが日経トレンドの予測です。

当社が運営するリフォーム相談カウンターも、この「ライフスタイルコーディネート市場」に当てはまります。どの会社に相談をして良いか分からないので、リフォーム雑誌の編集長がその方にピッタリの会社を紹介しているからです。

当社からご紹介を行うにあたり、手数料を頂くため、賛否両論はあるかと思いますが、リフォームの見込み客を下記のように2つのタイプに分けて考えるのはいかがでしょうか?

1・自分で情報収集を行い、リフォーム会社に見積り依頼をする方。
2・どの会社に相談をして良いか分からずに、見積り依頼ができない方。

リフォーム会社や工務店が狙うターゲットは1となりますが、2はリフォーム相談カウンターがカバーできるターゲットになると思います。

つまり、本来は顧客になっていない方を、新たに顧客になる可能性があるということです。

このようにターゲットを選別して考えると、集客戦略も立てやすくなると思います。相談カウンターをご利用でない会社様は、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

日経トレンド記事の詳細はこちら(無料会員はコンテンツの閲覧が一部制限されています)
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00238/00004/?n_cid=nbpnxr_mled_feature

 


エフツー社長ブログ一覧へ戻る

| エフツーとは | サービスメニュー | よくある質問 | 資料請求・お問い合わせ | 
| リフォーム情報誌 広島REFORM | 広島REFORM WEB | 広島REFORM TV | 広告ツール制作 |
| 広告メディア手配 | WEBサイト設計・デザイン | 広島リフォーム経営研究会 | リフォーム事例のカメラマン手配 |