大雨に関する河川の情報を知るサイト

エフツータイムス

お盆休みは尋常ではない大雨となってしまい、河川の氾濫や土砂災害の危険を感じながら過ごすこととなりました。

鈴張川、江の川などの氾濫や、広島市内でも安佐南区山本、西区田方など至るところで土砂災害が起きています。

お盆の期間は、改めて災害に関する情報収集をしておりました。広島県の防災情報もしっかりと作られていたので、かなり参考となりました。

河川の氾濫については、広島県防災WEBが速報としては分かりやすいかと思います。
http://www.bousai.pref.hiroshima.jp/?municipalityCd=34100&p=observation%2Friver

こちらは水位の状況を10分単位で見ることができ、現在の河川の水位が分かり、氾濫注意・危険などの情報が分かります。

また、国土交通省の太田川河川事務所では、ライブカメラで現在の状況を見ることが出来ます。
https://www.cgr.mlit.go.jp/ootagawa/cctv/

このほか、万が一河川が氾濫した際に、浸水エリアの想定マップも確認することが出来ます。
http://www.kouzui.pref.hiroshima.lg.jp/portal/
URL内にある浸水想定区域図をクリックすると、チェックすることが出来ます。

被害は起きてほしくはありませんが、万が一を想定しておくことも大切かと思いますので、ご案内させて頂きます。

P.S
9月18日に「本当にこれで良いのか日本人⁉コロナが浮き彫りにした日本の危機。私たちに何ができるのか?」というイベントがあります。よろしければご参加下さい。

https://sanseito-hiroshima.jimdosite.com/

 

関連記事一覧