オンラインのみでリフォーム契約は可能になるか?

エフツータイムス

リフォーム産業新聞7月12日号て、同社が実施した「最新リフォーム集客手法攻略セミナー」の内容が掲載されていました。

セミナー、山商リフォームサービスの山崎社長のほ2名われましたが、山崎社長が下記のよう言われていました。

「エンドユーザーの認識が変われば、契約時以外顧客の元へ訪問せずオンラインやり取りしたい。」

これが可能なると移動コストを抑えることがきるの、効率の良い営業を行うことが可能となります。

あるメーカーオンラインショールームを稼働させており、アドバイザーがついてオンライン打合せがきるようなっています。お客様がショールーム来るの、商品確認の時だけとのこと。時間も19時ま対応しているの、17時以降のお客様獲得もつながっており、好評のようす。

仕事ZOOMなどのオンラインツールを使う回数が多い人、オンライン商談も問題なく対応してくれると思いますが、すべてのお客様がこのようなることないしょう。

ただ、リフォーム見込み客の1割がオンライン商談もOKとなるなら、年間1000件の工事を受注しているなら、1割100件となる、結構なボリュームとなります。

こうなるオンライン商談ついても、積極的取り組んいく必要があります。私も通常の商談やリフォーム相談カウンターもオンライン行う場合があります。

その経験ら効率よく商談を行う、下記の準備をしておくと良いと感じましたの、列記しておきます。

〇お客様リフォームする建物の写真を事前準備してもらうこと
〇お客さまPC、スマホのどちらを使うを確認すること。れば資料を見てもらうのPCの利用を依頼すること。
オンラインツール、ZOOM、Google Meetなど複数準備しておくこと。お客様がZOOM使いたくないと言われた際も対応がきるため。
〇お客様資料を見せられるよう、画面共有の使い方を理解しておくこと。
オンラインツールを使っての商談時、テンションを高めて応対すること。
〇通常の商談雑談を行うこと、お客様の本音などを聞き出すことがきるが、オンライン商談、必要最低限の話しお客様もしない傾向あるの、本音を聞き出す質問力を高めること。

以上、ご参考なれば幸いす。

なお、下記B to B営業ありますが、オンライン営業のやり方ついて参考る動画すの、ご紹介しておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=Lx-v9cI8gfg

関連記事一覧